蓄電池市場拡大を先取りする開拓者のための専門サイト

蓄電池販売独立開業支援販売パートナー募集(サポート付き)
オープニング加盟店先着10名様

こんな方々が資料請求や事業説明会(無料)に参加されています。
↓ ↓ ↓

  • 地震や台風などを経験して、災害時の蓄電池の価値を紹介していきたい。
  • 販売パートナーになって、蓄電池を知り合いに紹介していきたい。
  • 災害時の備えを心配している人に、蓄電池を紹介して喜んでもらいたい。
  • そろそろ独立を考えているので、蓄電池のブームに乗って起業を成功させたい。
  • 以前に太陽光発電などの省エネ商品を売っていた経験を活かして開業したい。
  • 太陽光発電の売電問題が2019年からやってくるので蓄電池のニーズを感じている。
  • 災害時だけでなく、日常から蓄電池を利用することで電気料金にメリットがあることを知っている。
  • エコや災害対策として社会に貢献できる蓄電池で会社を作り社長になりたい。
資料請求はこちらのフォームから

代表者ご挨拶

株式会社エネピュア 代表取締役 上村信之
株式会社エネピュア 代表取締役 上村信之

この度は、独立開業支援・販売パートナーにご興味をお持ち頂きありがとうございます。
本制度のメリットはなんといっても、『注目の商品』『市場の盛り上がり』『単価の高さ』です。

たった1台の蓄電池販売で大きな利益を上げることが出来ます。

私たちは日々情報収集し、トライし、実績を積み、たくさんの成功事例をご提供しています。説明会でその一部をご紹介出来ます。

太陽光発電(住宅)の売電期間が終了する「2019年問題」や、政府の後押しする「ゼロエネルギーハウス(ZEH)」、将来的な「VPP(バーチャルパワープラント)」を見据え、今後蓄電池が普及していくことは間違いありません。

“エネピュア”は、効率よく“高利益”を上げ、代理店様の笑顔をサポートしています。

未経験者でも、蓄電池の販売がスムーズに行えるよう、販売手法の教授・販促ツールの提供、現場での販売支援をさせて頂きますので、このご縁を機会に、蓄電池販売のお手伝いをさせて下さい。

貴方様とご縁がありますことを心より祈念しております。

株式会社エネピュア
代表取締役 上村信之

第1章 なぜ、蓄電池が儲かるのか?

1.蓄電池とは

未来の新しいエネルギーのあり方を語る時、必ずといっていいほど出てくるワードがあります。それは「蓄電池」

蓄電池は、次世代のエネルギーシステムにおいて、とても重要な役割を果たすことが期待されています。蓄電池とは、1回限りではなく、充電をおこなうことで電気をたくわえ、くり返し使用することができる電池(二次電池)のことです。スマートフォンやノートPCなどに内蔵されているバッテリーなどもその一種です。

蓄電池が果たすさまざまな役割

蓄電池は、たとえば以下のような役割を果たすことが期待されています。

■ あまった電気を貯めておく
出力(発電量)を天候に左右されてしまう太陽光や風力などの再エネ電源。
こうした再エネ電源が需要以上に発電した時、使い切れない電気を蓄電池に貯めておき、必要な時に放電して利用します。特に住宅用の太陽光発電については、再エネで発電した電気を固定の価格で買い取るFITの買取期間が終了すれば、これまでの電力会社への売電を中心とした使い方から、蓄電池を使って自宅で消費する使い方へと移っていくものと見られています。
また、夜間の安い電気を貯めて、電気代の高い日中に放電することで、電気代の削減にもなります。

■ 防災に役立てる
災害や電力不足などで停電が発生した場合、蓄電池に電気が貯められていれば自立的に電気をまかなうことができ、非常用電源として使うことができます。

蓄電システム

蓄電池の未来

今後、蓄電池の市場はますます広がっていくと予想されています。
蓄電池が一家に一台、設置されている未来も、そう遠くないかもしれません。

2.蓄電池の市場状況

超成長市場

家庭用蓄電システムの出荷推移2018年は55,000台以上

蓄電池の販売を迎えるのはまだこれからですが、既にたくさんの蓄電池が販売されています。

市場的には、これからもっと伸びる市場ですので、売りやすく、今後はさらに期待のできる商材です。

調査会社の富士経済は、低価格化によりリチウムイオン電池の採用が増加する、電力貯蔵・動力分野における製品別二次電池の世界市場調査を行った。2030年のグローバル市場規模は、2017年比6.6倍の1兆2585億円まで拡大すると予測している。

2030年には6.6倍の1兆2585億円まで拡大

3.2019年問題とは?

ナゼ、超成長市場になっているのか?

もちろん、蓄電池が必要だというニーズがあがっているからで、その理由の一つに「2019年問題」があります。
この後、「2019年問題」をご説明いたしますが、その前に、以下のことを先にご理解ください。

太陽光発電システム現在、太陽光発電を設置しているご家庭では、太陽光で発電した電気をほとんどを売電して、売電収入を得ています。買い取り額が高いので、自宅で使用するより、売った方がお得だからです。

蓄電池スマートスターエル太陽光発電の欠点は、発電が不安定なこと。
雨の日やお日様が出ていない夜間は発電しません。その欠点を補えるのが蓄電池。電気を貯めておくことが出来ますので、太陽光発電と蓄電池はとても相性が良いです。

2019年問題とは?
太陽光発電市場太陽光発電市場では少し前から2019年問題が騒がれはじめており、実際に2019年が近くなるにつれ、メディアで取り上げられる事も多くなってきています。
一体、何が問題なのでしょうか?

太陽光発電の売電期間は10年間

2019年問題とは、2009年11月に開始した余剰電力買取制度(10年間は余った電気を高く買い取りますという制度)の固定買取期間10年間が満了する方が出てくる事を指しています。

じゃあ、 10年間の買取期間 が終わった後はどうなるの?

正式にはまだ決まっていません(2018年9月現在、各電力会社からの発表は無し)が、大幅に買取価格が下げられることが既定路線になっています。

家庭の太陽光に「19年問題」160万世帯分が宙に
~2018/5/6 日本経済新聞 電子版より ~

売電価格が値下がり家庭の太陽光発電が2019年、試練を迎える。余った電気を高く買ってもらえる10年間の期限が切れ始め、23年までに160万世帯が発電する大量の電力が買い手を失う恐れがある。

「買い取りが終わると聞いて驚いた」

千葉市の男性(75)は99年に200万円以上をかけて太陽光パネルを設置。2009年に高額買い取りが始まると発電量の半分を自宅で使い、残りを売電し、月1万円前後の収入を得ていた。2019年以降は売電収入が大きく減る見通しだ。

売電価格が下がることを知らない人が沢山います↑そもそも、買取制度は10年と決まっていましたが、上記の方のように、そのことを知らない方が沢山いらっしゃいます。

新聞報道:売電高価買取制度終了

2019年期限切れ家庭が増える

FIT終了は56万件

売電買取価格の推移左図は売電単価の推移ですが、
@48円で売電していたものが、FIT終了後は、@8円~11円程度になるといわれています。
@8円~11円程度であれば、売電するよりも、家庭で使用(自家消費)した方が断然お得になります。

↓下のアンケートは、太陽光発電設置者に対して、 FIT終了後にどのような対応をするかアンケートをとったものです。

なんと、既に43.9%の方が、蓄電池を購入すると言っています。
ゼロから押し売りのような形で販売する必要はございません。

FIT終了後の対応についてのアンケート結果

2019年問題は、TVTOKYO「ワールドビジネスサテライト」でも取り上げられました。

ワールドビジネスサテライト2019年問題ニュースにリミット迫る2019年問題契約期間10年、契約切れの家庭も発生

売電価格は1kWhあたり10円一般家庭の余った太陽光電力を自家消費蓄電池を買って昼にためて夜もそこから使う

ワールドビジネスサテライト2019年問題ニュースにリミット迫る2019年問題契約期間10年、契約切れの家庭も発生
売電価格は1kWhあたり10円
一般家庭の余った太陽光電力を自家消費
蓄電池を買って昼にためて夜もそこから使う
新聞各紙でも取り上げられるほどです。

新聞記事:住宅用太陽光に19年問題新聞記事:太陽光価格ピンチ

2019年問題まとめ

4.蓄電池の利益

蓄電池は高利益商材

メーカー別
蓄電池 希望小売価格
(商品抜粋)
※ 価格は全て税別です。

各メーカーから販売されている蓄電池

高額報酬

蓄電池スマートスターの販売報酬例

資料請求はこちらのフォームから

5.被災時の停電対策

これまで、蓄電池の販売の基本は、太陽光設置済みのお客様、若しくは太陽光とのセット販売がほとんどでした。
停電時のバックアップだけでは、金額が高いからです。

しかしながら、ここ最近の「大雨」「台風」「地震」によって、各地で大規模な停電が発生しており、いかに人が電気に頼って生活していたのかを、実感することによって、特に富裕層には「停電対策」だけでも蓄電池のニーズが高まってきております。

電気が無いと本当に困ります
大阪での台風21号の被害
台風21号による被害で大阪府内では、最大約96万7千戸が停電した。
台風通過から3日が過ぎた7日現在でも完全復旧に至っていない。
北海道胆振地震
北海道胆振(いぶり)地方で9月6日に起きた最大震度7の地震は、道内全域で停電が発生する異常事態になった。完全復旧には1週間以上かかるという。
資料請求はこちらのフォームから
なぜ、 蓄電池が儲かるのか?

1台販売だけで高収益

だから蓄電池は儲かるのです

第2章 「SmartStarL」について

販売する商材はこれ、

スマートスターエルのロゴ

スマートスターエルの本体写真
販売元、メーカーロゴ

1.SmartStarLの販売状況

蓄電システムメーカーの出荷台数シェア

2017年蓄電池出荷量

まず、上図2016年度をご覧ください。
伊藤忠商事のシェアは僅か2%です。
その左、2017年度の予測では、
いきなり9%に伸びております。

さらに、右図、実際に2017年度のシェアは12%でした。
訪問販売での販売がほとんどですが、
新築での販売ルートもある京セラや
パナソニックと同じシェアを誇っています。
数字で見ても「SmartStarL」が売れているのがご理解頂けると思います。

まず、上図2016年度をご覧ください。
伊藤忠商事のシェアは僅か2%です。
その左、2017年度の予測では、
いきなり9%に伸びております。

さらに、下図、実際に2017年度のシェアは12%でした。
訪問販売での販売がほとんどですが、
新築での販売ルートもある京セラや
パナソニックと同じシェアを誇っています。
数字で見ても「SmartStarL」が売れているのがご理解頂けると思います。

2017年蓄電池出荷量

SmartStarLは、発売から約1年半で出荷台数1万台突破!

2.時代の最先端蓄電池

新聞記事:AIを家電の蓄電に活用2018年11月よりAIと連携したSmartStarLが販売になります!
伊藤忠商事株式会社は、機械学習をはじめとするAI技術を一般家庭用蓄電池に活用したプラットフォーム事業を展開する英国のMoixa Energy Holdings Ltd. 社(以下「モイクサ社」)と資本業務提携しました。

伊藤忠商事は今回の提携を通じて、モイクサ社が持つプラットフォーム技術ソフトウェア(商品名:GridShare)のうち、一般需要家向けサービスとなるGridshare Client(以下、「本サービス」)の国内独占販売権を取得しました。GridShareとは、AI技術を用いて一般需要家、発電事業者、送配電事業者といった各階層における顧客向けに、エネルギーの最適制御を行うソフトウェアとなります。

AIテクノロジーでグリッドシェアと提携

AI(人工知能)で蓄電池の充電・放電を最適化

蓄電システムと連携してAI(人工知能)「GridShare」が、日々の電気の使われ方を学習して曜日や時間帯ごとの傾向から、翌日に必要な電力量を予測。 翌日の気象予報から、太陽光パネルによる発電量を予測し、AIが予測する翌日の電気使用量と照らし合わせて蓄電池に貯める深夜電力を決定します。「GridShare」により蓄電池の充放電を最適コントロールすることで、経済的で安心なエネルギーライフを実現します。

販売する商品は市場で売れている最先端の高性能蓄電池有利な条件を獲得有利な条件で在庫を保有特許取得の唯一の機能がある高性能蓄電池

第3章 販売パートナー制度の概要


販売パートナー制度

1.販売パートナーの定義

3つの制度がございます。

営業パートナー制度法人様向け営業パートナー制度 -法人様向き-
当社より商品等を仕入れていただき、貴社名で営業して頂く制度です。
既に法人としての実績があり、新規商材として考えている方にオススメです。
販売手法や販促ツールのご提供等のサポートはしっかり当社で行います。

初期費用 0円 月額費用 0円

販売パートナー個人事業主向け販売パートナー制度 -個人事業主様向き-
当社パートナーとして営業頂く制度です。
商品・工事・アフターフォロー等、当社へおまかせいただき、販売に専念できます。もちろん、はじめての方でも安心できるよう販売方法等のサポート体制も準備しております。

初期費用 アリ 月額費用 アリ

紹介パートナー副業向け紹介パートナー制度 -副業向き-
貴方よりお客様をご紹介頂く制度です。
自分で販売は行わないが、蓄電池に関心のあるお客様を数多く知っており紹介できるという場合にお客様をご紹介いただく制度です。成果報酬で貴方へ紹介料をお支払いいたします。

初期費用 0円 月額費用 0円


営業パートナー制度法人様向け
営業パートナー制度
-法人様向き-

当社より商品等を仕入れていただき、貴社名で営業して頂く制度です。
既に法人としての実績があり、新規商材として考えている方にオススメです。
販売手法や販促ツールのご提供等のサポートはしっかり当社で行います。

初期費用 0円 月額費用 0円
販売パートナー個人事業主向け
販売パートナー制度
-個人事業主様向き-

エネピュアとして営業して頂く制度です。
当社にて商品・工事・アフターフォロー等、当社へおまかせいただけます。もちろん、はじめての方でも安心できるよう販売方法等のサポート体制も準備しております。

初期費用 アリ 月額費用 アリ
紹介パートナー副業向け
紹介パートナー制度
-副業向き-

貴方よりお客様をご紹介頂く制度です。
自分で販売は行わないが、蓄電池に関心のあるお客様を数多く知っており紹介できるという場合にお客様をご紹介いただく制度です。成果報酬で貴方へ紹介料をお支払いいたします。

初期費用 0円 月額費用 0円

2.販売パートナー費用

早いもの勝ち限定10名様

オープニング加盟店特別価格
第一弾:関西エリア10名様限定
パートナー制度のスタートアップにあたり、
最初の10名様を以下の特別条件で優遇いたします。

パートナー制度加盟金初期費用
加盟店管理料

10名を超えた場合や、第二弾、第三弾の別エリアでは、値上げ予定です。
また、将来的にはさらに値上げをする予定です。
※ 価格は全て税別となります。※ 契約は1年契約となります。


早いもの勝ち限定10名様

オープニング
加盟店特別価格
第一弾
関西エリア10名様限定
パートナー制度の
スタートアップにあたり、
最初の10名様を以下の
特別条件で
優遇いたします。

パートナー制度加盟金初期費用
パートナー制度月額費用

10名を超えた場合や、
第二弾、第三弾の
別エリアでは、
値上げ予定です。

また、将来的には
さらに値上げをする予定です。
※ 価格は全て税別となります。
※ 契約は1年契約となります。

3.販売パートナー報酬

販売報酬につきましては、以下の計算によりお支払いします。

報酬額

販売報酬実績に応じたクラスを設けておりますので、頑張った分、好条件を得ることが出来ます。
資料請求はこちらのフォームから

販売パートナーは未経験でも大歓迎

事務所、商品仕入必要なし、体一つで出来ます。
訪問販売経験が無い方、太陽光や蓄電池の知識が無くても

未経験でも大丈夫

本部の開業支援を次でご紹介します

4.開業スタートキット

開業に必要なスタートキットを準備しております。
以下以外にもございます。

開業スタートキット


販売システム
開業スタートキット1:GoogleMap
作業服
開業スタートキット2:ロゴ入り作業服

カタログ・漫画
開業スタートキット4:商品カタログ

販促物
開業スタートキット6:ポスティング用チラシ
ノベルティ
開業スタートキット7:マグネシウムライト

※全て加盟金に含まれます。

5.勉強会

開業前に丸2日間の勉強会、同行研修を実施しますので、未経験や知識が無くても大丈夫です。

勉強会の様子

開業後もサポート開業後も慣れるまでは、ご不明な点も出てくるかと思いますが、都度、本部にてサポートしますのでご安心下さい。
開業後もサポート
開業後も慣れるまでは、ご不明な点も出てくるかと思いますが、都度、本部にてサポートしますのでご安心下さい。

6.ブランド

仕事がしやすいブランド
代理店になるメリット

まだまだ実績も少なく、知名度も低い「エネピュア」ですが、今、加盟して頂くと、以下の様なメリットがると考えられます。
販売パートナー制度としては、まだ拡大期にある為、「営業エリア規制」は今のところ、ほとんど無く、「加盟金・月額費用」共に加盟しやすい状況です。
将来的に加盟店が増えた場合、先輩代理店様や、成功代理店様には、「エリアの旗艦店」や「リーダー店」として重要なポジションをお任せする事を検討しております。
例えば、新たなサービス導入は、旗艦店を優先して行う、代理店が増え、エリアが被る場合、アプローチ専門からスタートしてもらい、クロージングは旗艦店で行う、つまり、先輩代理店様の下についてもらう
説明会へご参加ください
資料だけでは分かりにくい、
我々も資料だけで全てをお伝えするのは難しい、
是非、説明会にご参加いただければと存じます。

説明会の開催日時

資料請求はこちらのフォームから

会社概要

エネピュア会社ロゴ
設立日: 2018年1月
資本金: 800万円
所在地: 大阪市淀川区西中島7丁目1番26号
オリエンタル新大阪ビル8F
連絡先: Tel:06-6123-7706 Fax:06-6537-1708
Mail:info@ene-pure.jp
事 業: 住環境製品の販売事業
W E B: http://ene-pure.jp/
設立日: 2018年1月
資本金: 800万円
所在地: 大阪市淀川区西中島7丁目1番26号
オリエンタル新大阪ビル8F
連絡先: Tel:06-6123-7706 Fax:06-6537-1708
Mail:info@ene-pure.jp
事 業: 住環境製品の販売事業
取引先: 株式会社Jアライアンス
W E B: http://ene-pure.jp/

取扱メーカー
新規開業をサポートします

資料請求はこちらのフォームから
PAGETOP